転職や結婚前にキャッシングに申し込んでおくことの大切さ

これから転職をする人や、脱サラして起業をする人などは先にキャッシングを申し込んでおくことをおすすめします。
他にも結婚の予定がある人も、やはり今のうちにキャッシングに申し込んでおいた方が有利なことが多いようです。

 

 

転職や企業、結婚によって審査の難易度が変わる理由

 

キャッシングを利用するためには審査に通らなければなりませんが、転職をする前と後では難易度が変わってきます。
なぜなら審査では勤続年数というものが重視されるからです。勤続年数が長い人ほど、安定した収入があると考えられとても有利です。
逆に転職した直後は、勤続年数がリセットされてしまいますから、収入が安定しているか不明なため審査に通りにくくなってしまうわけです。

 

転職と同じく、会社員としての身分を捨てて起業や自営業としての道を歩まれる場合にも、審査では不利になってしまいますので注意が必要です。
それほど正社員という身分は安定していると判断され、会社という組織を離れてしまった場合には収入が不安定になり返済が滞るのではないかというのが一般的な評価です。

 

また既婚者よりも独身者の方が、審査に通りやすいという見方もあるようです。結婚することによって養わなければいけない家族が増え、その分だけ返済に回せるお金が減ると思われているからです。

 

このように、ちょっとした立場の変化によって審査の難易度は大きく変わりますので、できるだけ審査に通りやすい内に申し込んでおくことが大切です。

 

キャッシングばれない.com

年金について感じたり考えたこと

うちの今は亡き祖母は、検約家だったと母親が良く言います。
人様の家に行って手伝いなどをしても役に立たなかったり、とにかく迷惑ばかりかけていたみたいで、仕事も転々としていました。
年金なども払っていなかったみたいで、介護の時は面倒くさいと親が言っていました。

 

年金は払っていなかった代わりに、祖父が働いて得たお金を、コツコツと貯金していたらしく、そのお金で何とかなったみたいです。
だから、祖母なりに考えてお金を貯めていたのではと思います。

 

現代の若者の中には、年金を払わない人が多く、将来年金を貰えるかどうか不安だからというのも一因とされています。それは、分かる気がするし、祖母もそれを心配していたのかなと思いました。また、国民年金だと貰える額が少ないし、年金だけで生活するのはお金が足りないし、定年も引き上げる話しになっていることも払わない人が多い原因だと感じます。

 

少しでも将来の為にと、副業をする人もいるし、副業することを許す職場も増えています。やりたいことだけでは食べていけないし、やっている仕事にやりがいを感じないけれど止めるわけにもいかない人にとっては、良いことだと思いますが、私のように家事と仕事の両立がうまくできない人にとっては、損だと思います。

 

私も、年金には無頓着なところがあり、学校で習ってはいたのかもしれませんが、いつか考えればいいと流していたところがあるので、もっと詳しく学校で年金に触れる機会が出来ればいいのにと思います。

 

また、年金事務所に相談に行くと、払えるわけがないと怒る相談者もいるらしく、そういう人にはきつく言うと聞いたことがあります。払えない立場の人が逆上するのは良くないと思いますが、私も失業してすぐに払える状態ではないのに、「若いんだから、ささっと仕事見つかるし、すぐに払えるでしょう。」と簡単に言われたことがあるので、事務所の人の対応も払う側の態度を左右するのではないかと思います。